2022年8月26日

令和5年度4月入園の流れ(幼稚園機能利用の方向け)

令和5年度4月入園をご希望のご家庭にお知らせ致します。本幼稚園へ、幼稚園機能をご利用し入園する方(認定区分1号・新2号)は、入園願書を受け取り後、指定日時にご提出してください。また、入園面接、及び入園手続きを経て入園となります。詳しいスケジュールは下記の通りになります。LINEでも、日時が近づいた場合に情報をお伝えしますので、ご登録お願いします。

願書の受け取りについて入園願書の配布は、新小岩ちぐさ幼稚園事務所にて行います。
※願書は先着順に配布をいたしますが、期間中にお渡し可能ですので、あまりに早く早朝お並びいただく必要はございません。
配布期間:令和4年10月15日(土)8時00分~12時00分
     令和4年10月17日(月)~令和4年10月31日(月)8時30分~19時

願書の提出について願書の記入が済みましたら、11月1日にご提出いただきます。願書提出時に、面接のお時間をお知らせ致しますが、一斉面談日にご都合がつかない場合は、個別に対応いたしますので、ご希望日をお知らせお願いします。
※願書の受付は先着順に行い、定員になり次第締め切らせていただきます。
提出日:令和4年11月1日(火)より4日(金)まで
受付時間:8時30分~19時
提出物:入園願書、家庭状況調査書、バス利用申込書(ご希望者のみ)

入園面接について入園面接と入園手続きは、11月5日(土)に行います。お子様と保護者の方1~2名でいらしてください。面接は、お子様の嗜好を把握するために、教員と簡単に遊ぶ程度なので、普段着でも結構です。入園手続きの際は、募集要項に記載してあります費用が発生しますのでご準備をお願いいたします。
※面接は指定のお時間までに園に直接いらしてください。
面接日:令和4年11月5日(土)午前中
ご準備:入園のための費用

2022年8月25日

動画アップもまた先達

動画アップ練習夏期保育が始まりました。久しぶりに登園する子たちが、変わらず元気に園で過ごす様子や、少し登園するのを嫌がる様子を見て、いずれも休み中に様々な経験をした結果ではないのかと思いを巡らせています。
8月の保護者会では、運動会で踊る親子ダンスの練習をしようと思っています。お子様と息を合わせて踊るダンス、幼稚園でしか経験できないですよね。ご参加できない方も多くいらっしゃると思いますので、後日、動画をアップしようと思います。本日は、テスト的にHPで動画が見られるかを試してみました。
動画はこちら


前へ(by明大R北島)前述しました子どもたちの夏の思い出、実際に教師に詳しく話してくれる子もいて、どれも特別な思い出となることと思います。
我が家では、洞窟探検に行ってきました。皆さんは「あぶくま入水洞」ってご存じですか。想像以上の場所でした。まず、通路が狭い。そして、暗い。選んだ60分コースを簡単に言うと、人ひとりやっと通れる洞窟を進み、水温10℃(体感)くらいの水に膝まで浸かり、穴に潜り、中腰でも頭をぶつけ、折り返して帰って来る人と上下ですれ違い(ちょうど両壁を両手両足でつっぱり上に移動した下をくぐって通ってもらう感じです)、コース最奥らしき場所に到達して、もう進むことは出来ないと判断し帰ってきたら、コースの半分しか進んでいなかった、まだ先があった。というような、まさに冒険の極みのような場所でした。しかも、ガイドなし、ノーヘル・サンダルOK、ヘッドライトお勧めだけど蝋燭片手でも良しという緩さでした。幼稚園の子にはお勧めできませんので将来行ってみてください。洞窟内で、お子さんに「抱っこしてー」と泣かれ途方に暮れているお父さんがいましたよ。
 私は、ケチん坊なので、家族4人でヘッドライト2個購入して洞窟に入りました。当然、先頭と最後尾の人がライトを担当します。息子も、もう大きくなったし、冒険の醍醐味は先頭だからと思い、最後尾につこうとしましたが、先頭を行けと言って譲りません。結局、先頭に立ち進むことになりました。その時ふと思いました。"まだ先頭を行ける"と。
 先頭は大変ですよね。危険だし、何かと判断しなくてはならないし、後ろに気を使わないといけないし。皆さんは、ジャングルで迷った時に誰を先頭に指名します?大半が、自分じゃない誰かを指名するのではないでしょうか。では、お子様は誰を指名するでしょうか?自分ではない誰かではなく、明確に誰かを指名するのではないでしょうか。特定の誰かの後を歩くのではないでしょうか。繰り返し言います。先頭は大変です。危険を排除しなければいけないし、後ろの人生をも判断しなければならないし、後ろの気持ちをわかってあげなくてはいけないし。それでも前に立つ、前を歩かせてもらえる限り。道を間違っても、休憩しても、ゆっくりでも、後悔しても、それでも前に立たなければいけない皆様を園が応援できればと思います。でも、安心して恐怖してください。"そろそろ先頭は交代だ"という声が、徐々に背中に迫ってくるようになりますよ。

2022年8月18日

求ム!教員!

勘繰り不要先日、千葉県の就職説明会に参加してきました。10年前、当時全千葉連盟の総務委員だった私は、説明会会場の設営と養成校先生との懇談を終え帰宅しようとしましたが、ブースが余っているからという理由で飛び入り参加をしました。何の資料の準備もないまま30名以上の学生さんに千葉のちぐさの説明をしたものでした。(もちろん市川や船橋の方には、こっそり新小岩をお勧めしながら)・・・それ以降、毎年ブースを出すようになりましたが、、、今年ブースに訪れた学生さんは6名でした。。。




IMG_0490.jpg「えー!少ないー!どゆことー!」




教員不足が叫ばれ始めてから久しいですが、事は重大になりつつあります。少子化が原因でもありましょう。保育園へ流れているのもそうかもしれません。厳しい職業と認識され始めたからもしれませんし、オンライン含めた紹介会社の拡充で求職方法が変わったのも原因かもしれません。
先般、自園以外の様々なお仕事をされている先生方の話をしましたが、教員確保施策も大事な活動です。大手と組んで各幼稚園への求職が簡単にできるシステムを構築したり、実習時に(言い方は悪いかもしれませんが)厳しい指導をしないためのマニュアル作成、各大学との取り組み強化等色々と行っています。
その業界のことはその業界で。皆様もあまり関係ない分野のことはわからないと思います。もっと給料を上げたら、福利厚生を厚くしたらと企業努力が先と思われるかもしれませんし、実際に政府は保育士の処遇改善を続けています。しかし、確実に教師を目指す人は減っています。減り続けます。
DSCN2327.jpgDSCN3869.jpgIMG_04199.jpgR0011031.jpg

「担任」は「他人」。ただ一つ「ん」が加わっただけ。この「ん」は運命の「ん」。担任は運命の他人なんだと。ただの言葉遊びですが、幼児期の大切な時期を一緒に過ごし、保護者とも話し合い、真剣に将来のことを考える他人、もはや運命を付けずして何を付けましょうか。お子様をお預かりする「運命の他人」、その選択肢が狭くて良いわけがありません。沢山の選択肢から巡り合った運命、それらがもたらすお子様への影響。考えると、この現状を嘆かずにいられません。
058B36C9-44C9-413C-97C5-69649331F8EF.jpgIMG_0244.jpg

お子様やお孫さん、そしてその子どもたちが良き師に恵まれますように。多くの人が絶えず教師を目指してくれますように。そういった社会を作るために政治ができること、学校団体ができること、個々の学校ができることは何でしょうか。また、一人の親としてできることは何でしょうか。考えさせられる出来事でした。



DSCN3561.jpg(はっ!)「あ・・・ごめん・・・」
(はっ!)「あ・・・いいえ・・・氷、お好きなのですか?」
運命の出会い。大切にしたいですね。

2022年8月11日

故旧無大故、則不棄也

痛くも楽しい友保護者の方が最も気にされていることは、「うちの子は友達と仲良く遊べていますか?」だと思います。まだ一人遊びが中心の年齢から、徐々に友達と遊ぶようになる時期、人との関わりが不安でならないと思います。他の子に意地悪をしてないだろうか?仲間外れなんかされたら、可哀そうで胸が潰れてしまう!よく出る友達の名前があって微笑ましい。この子とは気が合うかも、少しでも長く遊ばせてあげたい!等、お子様の交友関係だけで心を揺さぶられてしまいます。たぶんそれは、友達という存在が、如何に大切かを皆様が知っているからと思います。

DSCN2974.jpgIMG_0388.jpg

幼稚園では、必ずしも上手に友達と遊べている子ばかりではありません。むしろ、小さなトラブルは沢山あります。鬼ごっこで、自分ばかり狙われていると怒り出す子。大人の世界なら、たぶんつき合いを控えてそんなに関わらないようになるのでしょう。しかし、子どもは次の瞬間には、普通に遊んでいます。憶えてもいないでしょう。とても感心します。自分もこのように人と関われたらと思います。すぐに傷つけ合って、瞬く間に傷が癒え、また傷つけあう。そんな瞬間が多すぎて、かなり注意して見ないと、普通に楽しく過ごしているとしか見えません。
DSCN3197.jpgR0011577.jpg

「ヤマアラシの距離感」という言葉があります。ヤマアラシはご存じの通り、鋭いトゲを体中に持っている動物です。2匹のヤマアラシが寒さを凌ごうと身を寄せ合う姿を想像してみてください。お互いのトゲで、お互いをつつき合い、なかなか上手に暖がとれません。何回も何回も傷つけ合いながら、徐々にトゲが刺さらない距離やトゲの向きの調節を覚え、暖がとれるようになるという例えを基にした話です。
R0011366.jpgR0010043.jpg

皆様が知るように、友達関係は大切なもの、その子の一生の財産になるものです。そんなものがそう簡単に手に入る訳がありません。楽しければ楽しいなりに、苦しければ苦しいなりに、それぞれ子どもたちは悩み乗り越えて獲得します。十分に心配して、気をもんで、悩んでください。そして、例え仲間外れにされようが、相手を傷つけてしまおうが、その経験が将来の人間関係の糧になると、心の奥底で信じていてください。どんなことがあっても大丈夫です。皆様がいるかぎり。
少し離れるだけでも 淋しがって 涙をためて この手を握りしめてた君が
今日は自分から この手を離して 新たな風に目を 輝かせ歩き出す
君が大人になっていくのが 嬉しくて 淋しくて 今日も君の幸せを願ってる
君よ進め その背中に希望をせおって どんな時も未来を信じて
がんばる姿 見つめているよ 「いってらっしゃい」 大丈夫、君よ進め
一人でもちゃんと できるようになりなさい 人に優しく 思いやりを忘れないで
泣きたい時は 甘えてもいいんだよ 決してひとりじゃ ないことも忘れないで
君が強くなっていくこと 必要で 心配で 時に厳しいこともある日々だから
君よ進め その心が道に迷っても どんな時も自分を信じて
君の場所はいつもここにある 「おかえりなさい」 何回だって言うよ
月日が過ぎるのはあっという間で だからこそ今を心に残そう
ぎゅっと抱きしめた温もりを 覚えていてね 見守っているから どんな時も信じるから
君よ進め その背中に希望をせおって どんな時も未来を信じて
がんばる姿 見つめているよ「いってらっしゃい」 大丈夫
君よ進め 果てしなく続く道を行こう どんな時も自分を信じて
見上げれば 花びら 風に舞う 「いってらっしゃい」 大丈夫、君よ進め
大丈夫、君よ進め
by藤田麻衣子「君よ進め」

2022年8月 9日

お楽しみ会☆2022.7.26

雨にもマケズたんぽぽ組さんとひよこ組さんが待ちにまったお楽しみ会!!
あいにくの雨天でプールは中止となってしまいましたが、雨にも負けないくらい元気いっぱいの皆でたくさん楽しい事をしました!しかし、雨天とは、、、




R0011489.jpg「雨なんか嫌いだー!」

まずは準備体操をして・・・
お楽しみ会1.jpgお楽しみ会2.jpg

それから楽しみにしていたスイカ割りをしました!
ひよこ組さんはスイカめがけて力強く叩くことが出来ていました♪
お楽しみ会3.jpg

たんぽぽ組さんはなんと!目隠しをしてやりました!
お楽しみ会5.jpg
見えてないけど当たるかな?
お楽しみ会4.jpg

R0011527.jpgR0011529.jpg代わりのプログラムですが、普段遊べない遊びをしました。魚釣りは意外と難しく、集中力が必要となります。優しい先生ばかりなので、魚を手で泳がせて捕りにくくする先生はいませんでした。
まー、そんな先生がいたら、、、




R0011476.jpg「こうしてやる!」

R0011517.jpgR0011512.jpgボーリングも行いました。好きな子は何回も挑戦して、一発でストライクをとれるまで頑張っていました。まっすぐ転がすのは難しく、ボールも思うように的に当たりません。




R0011478.jpg「ボールめ!まっすぐ転がれー!」・・・スイカでした!

R0011509.jpgR0011523.jpgシャボン玉遊びも行いました。シャボン玉も、雨にも負けずに空高く舞い上がるシャボン玉もあり、子どもたちも楽しんでいました。でも、雨なので、元気にシャボン玉を割って暴れまくる子たちを見ることができませんでした。
かわりに・・・




R0011466.jpg「えい!」

R0011537.jpgR0011544.jpg本日おすすめ遊びの氷溶かしボール。氷玉の中からおもちゃを取り出そう!手がキンキンに冷えながらも、その小さな手で、わずかな体温で、気持ち良さそうに氷玉を溶かしていました。




R0011545.jpg「なーんちゃって!釣りでした!」




からの



R0011494.jpg「とどめ!」

先生達も協力して無事に割ることが出来ました!
お楽しみ会6.jpgお楽しみ会7.jpg

たくさん遊んだ後は、お楽しみランチを食べて皆で割ったスイカも食べて大満足のひよこ組・たんぽぽ組の皆でした!
お楽しみ会16.jpgお楽しみ会17.jpgお楽しみ会15.jpgお楽しみ会14.jpg

8月24日には、雨でできなかったプール遊びや色水遊びなどをやろうと思います。保護者の皆様、当日はビーチサンダルのご準備をお願いしますね。♪

教員研修について

教師になりゆく者先般、全千葉県教員研修大会において、1つの分科会(複数設置する講習会の内の1つ)を担当させていただきました。内容的は、「担任による特別支援児童の保護者フォロー」という特別支援教育に関した分野です。私は全千葉県ですが、葛飾まどか幼稚園の町山先生などは、東京都私立幼稚園連合で研修を担当されており、自園以外の仕事に携わられている先生も、少なからずおります。
 研修内で、ロールプレイとして、グループ毎に設定されたシミュレーションを行いました。支援コーディネーター・担任・園長・保護者母・保護者父・記録に分かれて設定された子どもの様子を伝えるというものです。残念ながら、Zoomによるバズセッション(テレビ会議中に、グループ毎に分かれて話し合いができるルームに分けること)であったため、臨場感に欠けてしまいましたが、なかなか興味深い内容でした。
 教師は免許制ですが、仮免許はありません。新卒者は4月1日から先生と呼ばれます。そして、その日より教師の苦悩の日々は始まります。良き先輩に恵まれると良いですが、たいていの場合は、一人で思い悩むことが多くあります。昨今、研修の義務化であったり、研修を受けると手当てがでたり、無料の研修等も増えてきています。昔に比べ、一人思い悩む状態でも、各種の研修において悩みが解決できる道が増えてきているのも事実です。当園の教師についても、この夏休み中に、様々な研修会に参加し、保育スキルのアップをして貰いたいと思います。
 「教師とは、教師になりゆく者をいう」。昨日より今日、今日より明日、日々努力して本当の教師を目指すことで、定年間近に「自分は教師になれたのであろうか」という問いに、胸を張って「自分は教師になった」と答えたい。そこを理解してくれる人を、当園の教師に求めております。

~合宿~1泊2日の成長記録 松原

合宿1.jpg

年長組の行事の中でも1大イベントの合宿(●´ω`●)
7月の初めから合宿に向けた活動もしてきました。
突然来た怪盗キッドからの予告状。何が書いてあるか見てみるとそこには何も書いていませんでいた。
予告状と一緒に届いた紙には謎の暗号が!
「青い絵の具で塗ると字が読める」と。
さっそく塗って読んでみると
「7月の合宿の日にちぐさ幼稚園のお宝を奪いにいきます。待っていてください。怪盗キッド」と。
子ども達に緊張と不安がよぎります(+_+)
それでも怪盗キッドに勝とうとみんなで誓い、毎日なぞなぞをたくさん解き、筋肉体操を踊り体も鍛えました!!!

前年度の合宿のDVDを見て「スイカ割り楽しみ!」「プールの水風船やりたい」「おやつのアイスは何かな?スイカバーかな?」
「幼稚園で花火すごい楽しみ!」「みんなで寝ると楽しくなっちゃいそう」「朝ごはんの可愛いパン楽しみ」など期待につながる言葉がいくつもあがりました。
反対に「合宿で不安なことある?」と聞くとこんな回答が返ってきました。
「いつもお母さんと寝てるから1人で眠れるか心配」
「寝相が悪くても大丈夫かな?」
「早起きできるか心配」
「嫌いな食べ物でないかな?」などでした。
合宿に近づくにつれ不安が期待につながる言葉や子ども達同士でも「早くお泊りしたいね。楽しみだね」と言っていました。

そんな過程を経ていざ合宿当日がやってきました。


合宿2.jpg


合宿の日程をすごろくのような形で進めていきました。
1つクリアするとつぎに進めます。「?」のマスは何があるの?とワクワクしている様子でした。
みんなが揃い、朝の会で先生達への挨拶を済ませスイカ割りへ!!!


gassyuku4.jpgR0011586.jpg


脚を開きダイナミックに棒を振り下ろす子ども達ですが、中々割れないスイカに悪戦苦闘((>_<)
みんなで応援。園全体に声援の声が響きます。
ひびが入り惜しいところまでいきますが、割れず。
第2回戦が始まります。
ここからは目隠しなしで一心不乱に叩きます!


R0011604.jpg
gassyuku5.jpg


「え、割れた?見に行こう!」と近づき割れたことを確認する子ども達。
ちょうど2順終えたところで割れました(拍手)

R0011616.jpg


割れたスイカとハイチーズ(^_-)-☆

次は昼食です。ボリューム感あふれるお楽しみ弁当を食べ、スイカもいっぱい食べました!

R0011618.jpgR0011619.jpg

食後の休息を経て...。
天気にも恵まれ思う存分プール遊びを楽しみました(*^▽^*)
去年の年長さんの遊ぶ姿を見ていた子たちは念願のウォータースライダーで何回も遊んでいました。
中には20回以上連続でやっている子もいました。

R0011664.jpgR0011656.jpgR0011641.jpgR0011659.jpg

そしてお楽しみのおやつのアイスクリーム(*´з`)
口の周りがクリームだらけになりながらも園で食べる特別なアイスに舌つづみを打っていました。

R0011686.jpgR0011668.jpgR0011685.jpg


おやつを食べていると放送が鳴り、花火が盗まれたことを知り怪盗キッドとの戦いが始まります。
作戦会議を経てコナンに変身すると、部屋に戻り松原チームと小泉チームに分かれいざ出陣です。

【 松原チームの様子 】


R0011693.jpgR0011703.jpgR0011688.jpg


【 小泉チームの様子 】


R0011696.jpgR0011704.jpgR0011714.jpg


無事に怪盗キッドからお宝を取り戻し、ホッとしたところでお風呂タイム(^^♪


コナン君に呼ばれホールに行ってみると???
「真実はいつも1つ!」と意気揚々と登場する2人。
コナン君からのクイズに全問正解し、一緒に体操を踊りました。
まさかコナン君と怪盗キッドも筋肉体操を知っていたなんて!!!


R0011737.jpgR0011719.jpgR0011716.jpgR0011750.jpg

最後に2人からお土産を貰いました(●´ω`●)


そのあとはお待ちかねのキャンプファイヤーと花火タイムです♪
火の神様から借りてきた火を灯します。
キャンプファイヤーは「自然の中で仲間意識を高めるもの」と言われています。
燃え上がる炎を見つめゆり組が一致団結できるようお願いしました。
そのあと皆で歌いながらフォークダンスも踊りました。


R0011761.jpgR0011756.jpgR0011781.jpgR0011753.jpg

少しドキドキしながら手持ち花火も楽しみました(*^-^*)


R0011791.jpgR0011804.jpgR0011798.jpg

1日があっという間に過ぎていきました。(花火から戻ってきた子ども達)


R0011810.jpg


~2日目~
寝つきも良く朝までぐっすり寝ていた子ども達。1番寝ている子で10時間以上も寝ていました‼
「おはようございます」
朝の陽ざしで目を覚まし2日目のスタートです。
1人では畳めないシーツを2人1組で畳んでいきます。
きれいに畳むことが良いのではなく2人で声を掛けあって「あーでもない、こーでもない」言いながら行うことが大事だと考えます。
何事においても結果は重視されがちですが、
日々の生活や遊びの中でもそういった過程を大事にしています。


DSCN4057.jpgDSCN4058.jpg


パジャマから体操服に着替え朝ごはん会場へ(*^-^*)朝からもりもり食べてパワーチャージ!!

DSCN4060.jpgDSCN4061.jpgDSCN4062.jpg


お楽しみのスライムづくり(●´ω`●)ひんやりしていて気持ちがイイね。


DSCN4070.jpgDSCN4069.jpg


このあとにはハンターがあらわれて、「かくれんぼ中」というゲームを行いましたが、写真はないのでDVDと写真販売を楽しみにしていてください。


R0011841.jpgR0011840.jpgR0011839.jpgR0011838.jpgR0011834.jpgR0011837.jpgR0011836.jpgR0011833.jpgR0011832.jpgR0011826.jpgR0011831.jpgR0011829.jpgR0011827.jpgR0011830.jpgR0011828.jpg

長いようで短い合宿でしたが、この1泊2日で子どもたちも大きく成長したと思います。
2学期会えることを楽しみにしています(*^-^*)

2022年8月 5日

描画の重要性

自己表現以外の隠れた意味幼稚園見学等では、よくこのような質問をいただきます。「文字や計算を習う時間はありますか?」。在園する皆様はお分かりと思いますか、園では特別に文字や計算を教えていません。ただ、遊びの中でそれらに興味を引き、「書いてみたい!」「考えてみたい!」という気持ちを強く持たせることを意識しています。
ここでは、文字を書くことについて考えたいと思います。文字を書くために必要なことはなんでしょうか?思いつくかぎり記すると、【見る力】文字の特徴を掴む視覚認知力、見たものを手で描ける連動運動、図形を捉える眼球運動、【動かす力】上下左右や身体の位置関係を把握する身体能力、指先を自由に動かせる握力や調整力、筆圧を自由にできる感覚、【聞く力】音韻認識や音の分別力、【覚える力】必要な記憶を一時的に保持しながら情報を処理する力。いかがでしょうか?では、その基礎能力を如何に培うかというと、、、

0D39F134-A0FD-4496-82C3-008BBD0C65C1.jpgDF513B47-A292-4395-A5D9-DAAAF835F4F0.jpg糊の活動は難しいですね。対象を目で見て、糊の分量を把握し、自分が思った通りの量を指先ですくい取る。対象に糊の膜ができるように力を調節して塗る。どの順番で塗れば押さえている個所を確保できるか。はみ出すとどうなるか、糊の性質を知っているか。

089242E7-F636-4914-BBAF-6641EA5592B5.jpgFDB55418-C9C8-4F92-BED5-CBE0397BBB45.jpgハサミは難易度がグッと上がります。皆さんは、直線やジグザグ、四角は切れると思いますが、三角や円は上手に切れますか?指先の微細運動には、経験が大きく影響します。実はハサミ活動自体には、さほど重要性はなく、楽しみながら微細運動の練習をするには最も適した道具という意味があるのです。例えばお家でのインゲン豆筋取り等のお手伝いでも、十分微細運動の練習になります。

DSCN3379.jpgDSCN3389.jpg

年長児ともなると、様々な道具を使用し、描画をします。写真は、割りばしを使った描画です。描くとクレヨンは減り、墨は定期的に付けないとダメ、マジックを同じ場所に留めるとどうなるか、絵の具は伸びるが濃い薄いの違いがでる。科学の基礎が始まっています。道具毎に使う力や腕の位置等が違い、様々な身体能力の調整が必要となります。




もちろん園でも、興味のある子に文字を教えます。小学1年生では、およそ7月までに全部の平仮名の読み書きを習得するそうです。1日2個ペースですね。学校により違いますが、簡単な「く」から始まり、はらいのある「し」、はねのある「い」、「の」から「め」に行き「あ」に到達する。その際には、文字の始点が明確にされたドリルを使うことが多いそうです。。。とてもロジカルで専門的ですね。この大切な勉強を聞き漏らさない能力と、文字を描ける技術と、文字への興味を深めながら小学校へ送り出す。それが幼稚園の使命だと考えます。
oekaki_girl.png

ちなみに、お子さんの絵を飾ると喜びますよ~。どんどん描かせるためには、じゃんじゃん飾りましょう。園に言っていただければ、自由画帳の絵をご覧になられるために持ち帰します。

2022年8月 4日

プール活動とは

行事の内容一部変更待ちに待ったプール開きです!今年も楽しく無事に過ごせますように!
昨年までは「どじょうすくい」を行っていました。どじょうを直に捕まえるといった貴重な体験ではございましたが、幼稚園教育要領における「自然との関わり・生命尊重」育成の面、特に生命尊重に関して考慮をして、廃止とさせていただきました。代替え案を後援会さんと協議した結果、玩具の金魚すくいをすることとなりました。

R0010849.jpgがんばるぞー!おー!



R0010993.jpg玩具の金魚すくいではありますが、慣れない水の中では結構捕まえ難い。真剣に集中して一匹いっぴき捕まえていきます。
「捕れてますかー?」

R0010868.jpgR0010960.jpg「捕れてまーす!!」

R0010871.jpg


「捕れてますかー?」

みつりょう2.jpg「・・・・・」

R0010915.jpg「なんでやねーん!」

実は、幼稚園教育要領や保育園指導要領には、プール遊びという言葉がありません。プール活動は、幼児教育の中で必須ではないのです。しかし、多くの幼稚園がプール活動を取り入れています。要領で言うところの「身体の諸感覚の経験を豊かにし、様々な感覚を味わう」や「身近な環境に親しみ、自然と触れ合う中で様々な事象に興味や関心をもつ」、「身近な事象を見たり、考えたり、扱ったりする中で物の性質や数量、文字などに対する感覚を豊かにする」等、他7分野に渡り保育のねらいが見込めるからだと思います。
みはり2.jpg 多くの園が独自に取り入れているプール活動。これも、第一に安全が確保されてのことと思います。保護者の皆様には、暑い中プール活動へご協力いただき、とても感謝をさせていただいています。引き続き子どもたちのお世話を宜しくお願い致します。

2022年8月 3日

カレーのある風景

とある行事の昼食タイム

R0011147.jpg「それでは、いただきま・・・」

DSCN3845.jpg「いただきまーす!!!」

DSCN3844.jpg「こらこらこらこら、、、早いって!」

DSCN3837.jpg「でも、これはしょうがないよ。美味しいよ~」

DSCN3848.jpg「これはクセになるおいしさです。衝撃的です。絶品で、つい食べすぎてしまいます。この料理に出会えて幸せです!」

DSCN3839.jpg「食レポうま!カレーもうま!」

R0011136.jpg「いい仕事だ、シェフを呼んでくれたまえ!」

R0011125.jpg「私からもお願いするわ!お礼が言いたいの」

R0011131.jpg「私が察するに、このスパイスにはクミン量が・・・」

R0011132.jpg「細かいことはいいから、さーさ!食べた!食べた!」

R0011121.jpg「ボーノ!ボーノです!」

R0011137.jpg「美味しいー!辛いー!最高ー!」

R0011111.jpg「カレー・・・美味しいけど、大人の味・・・」









R0011141.jpg「な~んて、話しをしていたら、みなさんどうします?」

飛び立て!

蝶々の旅立ちアオムシの幼虫がブロッコリーにいたので育ててみました。いつのまに蝶々になったので、ひよこ組の友だちと園庭に放しました。アオムシは、自然に産まれ、勝手に蛹になり、すんなり蝶々になれたのですが、イモムシはそういきませんでした。餌のパセリが尽きて、市販のパセリに手を出してしまったからです。5分くらい念入りに水洗いをして与え、イモムシもモリモリと食べていたのですが、どうやら蛹から羽化できないという薬が、パセリ全体に浸み込んでいるようで、羽化できませんでした。どうして、作物を食べさせてから殺すような薬にするのかわかりませんが、市販の野菜は与えられません。その後は、無農薬の柑橘系の葉っぱをご提供いただけるご家庭にご協力をいただき、ナミアゲハの幼虫は沢山羽化に成功しました。ほぼ100%で、最後の1匹が蛹中です。最初のモンシロチョウを放つ時に、子どもたちが興味深々だったので、調子に乗って沢山羽化させてしまいました。ちなみに、パセリはキアゲハです。

A8372614-119B-4B5C-9184-7B35D8080E17.jpg62B6F817-9A48-4D6E-AF4F-8DDFB55D31A3.jpgB5911F6B-D445-47CC-A388-96DD63430A0F.jpg
もともと、副園長の息子が、やれ蝶々を羽化させたい!だ、やれ、そのために蜜柑の木を植えたい!だ、小鳥の巣箱を作りたい!だ、水場を作りたい!だ、生態系に興味のある子でした。まだまだ小さかったので、その殆どは、親が一から調べ、失敗しながらも頑張ってやってきました。今では、副園長の方が、熱心でもあります。3年越しで初めて四十雀が巣を作った時は感動ものでした。しかし、何たる親への自由保育。子の興味に応えんとすることが、己の知識に繋がり、工夫になり、生活になっていきました。息子は、今はアリに興味を持ち、何だか女王アリを捕まえてきて、1匹から増やすことに興味を持っていますが、もう一人でできるため、親の手伝いを必要としません。副園長への自由保育も、もうないことでしょう。
AFBA0A9E-EF0D-4DF5-AFA1-C88E6E525CF7.jpg18E1646D-81DF-42F8-AA0A-BD4F10FAEF0B.jpg
幼稚園では、お子様の様々な関心を引き起こそうと、色々な取り組みを行っています。中には、園児が興味あるから等の理由によるものもあります。特段、一斉保育だとか、自由保育だとか意識しなくとも、子どもが主体的に取り組めることも沢山用意してあります。そんな子どもたちと共に、教師も知識を深め、より良い保育になればと思います。お子様の興味関心の手伝いができる、またはそれにより自分の知識を広げられる期間は思ったより短いです。お子様が何かに関心があったらチャンスです!是非、何が好きか調べあげ、その欲求を満たせるよう頑張ってみてください。
R0011199.jpgFF095B68-A98F-4688-9DB3-788758D4DE29.jpgC715D25A-16C3-4B38-8902-4BB134E39BA6.jpg

大きくなーれ

野菜育てています。今年は、いもいも農園での栽培に加え、園でも色々な植物を育てています。年中さんは毎年ミニトマトを育てていますが、今年は全クラスで、貰ったトマトの栽培を試みています。写真は子どもたちと植え付けを行った様子です。

E3FBBB3D-1534-43BE-AC49-B0B8FF99569D.jpg36C3C76C-729D-4615-B3A8-09DEA0A65C2A.jpg意外にも、かなり慎重に植え付けをしています。植え付け後には、水をあげながら、子どもたちが言っていました「大きくなーれ」

「初恋の悪魔」というドラマの中で、主人公が「花や植物を部屋に置いても必ず枯らしてしまう人がいるように、人間関係でも触れると人は離れる」というようなセリフがありました。確かに、人間関係において、そのような悩みは存在するかと思います。しかし、植物は、正しい環境を整えるだけで枯れません。また、失敗をしても原因を調べ再チャレンジすることができます。既に今年は失敗してしまった作物もあったようですが、原因を追究し、子どもたちとともに再チャレンジをし、ゆくゆく沢山の美しい花や美味しい作物を育ててもらいたいと思います。頑張る教員たちへ言いたい「大きくなーれ」

畑の植え付けが、天候に恵まれずできませんでした。畑体験は、専ら雑草抜きを中心です。雑草抜きを見ていると、ほとんど草むしり。根っこまでは気がまわりません。中には熟達者もいて、根っこごと雑草を抜いてくれるのですが、雑草も手ごわいです。先生は懸命になって、「根っこごと取ってねー」と伝えてくれるのですが、、、中には、虫取りをしてい子もいます、、、でも良いのです。根っことは何なのか、如何に強く土にめり込んでいるのか、土の中でどれだけ広がっているのか。保育室では教えられないことが実体験できて、知識は知性へと繋がっていくことでしょう。将来、ジブリ映画を見たときなど、ラピュタの「土に根を下ろし、風と共に生きよう」というセリフを聞いたとき、作品が言おうとしていることをなんとなく理解できる。その根というのが、どんなに堅固なものかをイメージできる。そんな一見関係ないことにでも大きく影響をする、まさに子どもたちの根となる部分を育てていると思っています。「大きくなーれ!」
DSCN3700.jpg

ビオトープの枝木を切っていると・・・

見立て遊びについてビオトープ(人口池)周辺の枝木が伸びていたので、切っていると、子どもたちがわらわらと寄ってきて、切った葉っぱをどんどん奪って行きました。葉っぱは伸び放題でしたので、相当数の葉っぱが子どもたちに行き渡り、思い思いに遊んでいました。

92A6923E-E7BA-4B68-804C-8D5C0304C799.jpg59066E81-7D76-4AAC-AC82-349385E22F83.jpg帽子なのか日傘なのか、旗なのか武器なのか、それともウチワなのか?ちょっとした葉っぱ一つで遊びに繋がっていきます。
想像遊びは3歳くらいから広がりをみせ、4歳ともなると、友達同士で共通の見立てを行い遊び始めます。ごっこ遊びを違い、リアルな茶碗や診療器具が無い分、難易度は上がりますが自由性は高いです。5歳では、これは〇〇ということにしよう等、話し合いながら進めるために、多少無理があっても遊びが発展していきます。

この見立て遊びは、遊びのスキルの一つです。皆さんは遊びのスキル持っていますか?絵本に食べ物が出てきた時、「美味しい」と言って食べる。「切らないと食べられない」と言って手を包丁にする。嫌いなものを食べて顔を歪める。半分こする。実際の生活で考えて、よくある風景を再現したり、あったら面白いなーと思うことをしてみたり(お腹一杯→うんちのマネ→まだ食べられる!)等、どれだけのネタを持っていますか?そんな遊びのスキルを見て、お子様はマネをしてどんどんスキルを身に着けていきます。そして、コミニケーション能力や、豊かな発想力になっていきます。ひとりIPPONグランプリ、お客はお子様。お子様との見立て遊び、楽しみながら渾身のネタを生み出してみてはどうでしょうか。

32742AAD-D758-4193-9D9C-07A8663C46BF.jpg

メニュー