2022年8月26日

令和5年度4月入園の流れ(幼稚園機能利用の方向け)

令和5年度4月入園をご希望のご家庭にお知らせ致します。本幼稚園へ、幼稚園機能をご利用し入園する方(認定区分1号・新2号)は、入園願書を受け取り後、指定日時にご提出してください。また、入園面接、及び入園手続きを経て入園となります。詳しいスケジュールは下記の通りになります。LINEでも、日時が近づいた場合に情報をお伝えしますので、ご登録お願いします。

願書の受け取りについて入園願書の配布は、新小岩ちぐさ幼稚園事務所にて行います。
※願書は先着順に配布をいたしますが、期間中にお渡し可能ですので、あまりに早く早朝お並びいただく必要はございません。
配布期間:令和4年10月15日(土)8時00分~12時00分
     令和4年10月17日(月)~令和4年10月31日(月)8時30分~19時

願書の提出について願書の記入が済みましたら、11月1日にご提出いただきます。願書提出時に、面接のお時間をお知らせ致しますが、一斉面談日にご都合がつかない場合は、個別に対応いたしますので、ご希望日をお知らせお願いします。
※願書の受付は先着順に行い、定員になり次第締め切らせていただきます。
提出日:令和4年11月1日(火)より4日(金)まで
受付時間:8時30分~19時
提出物:入園願書、家庭状況調査書、バス利用申込書(ご希望者のみ)

入園面接について入園面接と入園手続きは、11月5日(土)に行います。お子様と保護者の方1~2名でいらしてください。面接は、お子様の嗜好を把握するために、教員と簡単に遊ぶ程度なので、普段着でも結構です。入園手続きの際は、募集要項に記載してあります費用が発生しますのでご準備をお願いいたします。
※面接は指定のお時間までに園に直接いらしてください。
面接日:令和4年11月5日(土)午前中
ご準備:入園のための費用

2022年8月25日

動画アップもまた先達

動画アップ練習夏期保育が始まりました。久しぶりに登園する子たちが、変わらず元気に園で過ごす様子や、少し登園するのを嫌がる様子を見て、いずれも休み中に様々な経験をした結果ではないのかと思いを巡らせています。
8月の保護者会では、運動会で踊る親子ダンスの練習をしようと思っています。お子様と息を合わせて踊るダンス、幼稚園でしか経験できないですよね。ご参加できない方も多くいらっしゃると思いますので、後日、動画をアップしようと思います。本日は、テスト的にHPで動画が見られるかを試してみました。
動画はこちら


前へ(by明大R北島)前述しました子どもたちの夏の思い出、実際に教師に詳しく話してくれる子もいて、どれも特別な思い出となることと思います。
我が家では、洞窟探検に行ってきました。皆さんは「あぶくま入水洞」ってご存じですか。想像以上の場所でした。まず、通路が狭い。そして、暗い。選んだ60分コースを簡単に言うと、人ひとりやっと通れる洞窟を進み、水温10℃(体感)くらいの水に膝まで浸かり、穴に潜り、中腰でも頭をぶつけ、折り返して帰って来る人と上下ですれ違い(ちょうど両壁を両手両足でつっぱり上に移動した下をくぐって通ってもらう感じです)、コース最奥らしき場所に到達して、もう進むことは出来ないと判断し帰ってきたら、コースの半分しか進んでいなかった、まだ先があった。というような、まさに冒険の極みのような場所でした。しかも、ガイドなし、ノーヘル・サンダルOK、ヘッドライトお勧めだけど蝋燭片手でも良しという緩さでした。幼稚園の子にはお勧めできませんので将来行ってみてください。洞窟内で、お子さんに「抱っこしてー」と泣かれ途方に暮れているお父さんがいましたよ。
 私は、ケチん坊なので、家族4人でヘッドライト2個購入して洞窟に入りました。当然、先頭と最後尾の人がライトを担当します。息子も、もう大きくなったし、冒険の醍醐味は先頭だからと思い、最後尾につこうとしましたが、先頭を行けと言って譲りません。結局、先頭に立ち進むことになりました。その時ふと思いました。"まだ先頭を行ける"と。
 先頭は大変ですよね。危険だし、何かと判断しなくてはならないし、後ろに気を使わないといけないし。皆さんは、ジャングルで迷った時に誰を先頭に指名します?大半が、自分じゃない誰かを指名するのではないでしょうか。では、お子様は誰を指名するでしょうか?自分ではない誰かではなく、明確に誰かを指名するのではないでしょうか。特定の誰かの後を歩くのではないでしょうか。繰り返し言います。先頭は大変です。危険を排除しなければいけないし、後ろの人生をも判断しなければならないし、後ろの気持ちをわかってあげなくてはいけないし。それでも前に立つ、前を歩かせてもらえる限り。道を間違っても、休憩しても、ゆっくりでも、後悔しても、それでも前に立たなければいけない皆様を園が応援できればと思います。でも、安心して恐怖してください。"そろそろ先頭は交代だ"という声が、徐々に背中に迫ってくるようになりますよ。

メニュー